tomozouです。

今日は「猫背」について

猫の姿勢

猫背。だれでも聞いたことがある言葉でしょう。

背中が丸くなってる姿勢の悪い状態をいいますよね。

 

自分は猫背だと自覚してる人も多いと思います。

私もその中の一人でした。

 

スポンサーリンク

 

下の画像が背中猫背。

背中猫背

画像は http://www.11-style.com/より

 

一般的に言われているのがこれです。

 

 

 

では、「首猫背」は知ってますか?

 

 

 

 

ちなみに私は数か月ほど前に「首猫背」というのがあることを知りました。

ふつうの猫背は背中が丸くなって首が前に出ます。

ですが首猫背とは背筋をピンと伸ばしていても、

首だけが前に出てしまう状態のことです。

首猫背横向き

上の画像はhttp://www.brain-training.jp/より

 

左が猫背。

猫背で首が前に出ると首の筋肉などが引っ張られて

首だけに大きな負担がかかってしまいます。

 

右は背筋が伸びて胸を張っている正しい姿勢。

頭部の重さを首だけで支えるのではなく

身体全体で支えられています。

なので首に負担がかからない。

 

スポンサーリンク

 

特に仕事でパソコンを使うことが多い人や

作業台を使っていて下を向いて作業し続けることが多い人が

注意が必要です。

身近なところでは家事でも下を向きながらの作業が多いと思います。

このように同じ姿勢ばかりを続けていると、

猫背・首猫背になりやすいのです。

 

 

背筋は伸びていても首だけが前に出ているってこと、

気づいてないだけで意外に多くの人がそうなっているのではないでしょうか?

特に今はスマートフォンが普及している影響で、

歩きながら・もしくは座った状態で長時間画面を見続けて

タッチやスワイプ操作している人が多いですよね。

 

この時、頭は下を向いて首が前に出ていることが多いのです。

しばらく時間が経つと首や肩が疲れてきませんか?

もし一度でもそんな記憶があれば、

あなたは首猫背状態になっているかも!

 

スポンサーリンク

 

そんな首猫背、

自分で治す(矯正する)簡単な方法があります。

 

興味がある方は下記へどうぞ

⇒次の記事 首猫背を簡単に自分で治す 3ステップ へ

 

 

それでは、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→本当は運動音痴なんて無い?誰でも運動音痴を克服する方法

→股関節が硬い人は捻挫のリスクが高い?

→喉が渇いて仕方ない!ガブ飲みで死亡のリスクがあるって?

 

スポンサーリンク