29節府中戦終了直後
tomozouです。
今日はFリーグ第29節

ヴォスクオーレ仙台vs府中アスレティック戦を観戦してきました。

 

なんとも・・・悔しい結果になりましたが、

後半途中からかなり盛り上がった瞬間があったので

その瞬間だけはとっても楽しかったです。

 

試合結果は

 

  で敗戦。

 

29節府中戦終了直後

<試合の流れ>

前半早々に失点してからは府中ペースで

あまり攻め込むことができなかった仙台。

 

そのまま追加点を許してから折り返し。

 

後半の途中から一気にペースを上げて猛攻を仕掛ける仙台。

同点まで追いついたものの、府中の

パワープレー返しであっさりと逃げ切られてしまった。

 

仙台は大事な局面でパスミスが多い。

カウンターから要所要所でキープできずに急いでパスしてしまって

そのパス自体が繋がらない。

 

大チャンスだった第2PKも完全に見切られていたし。

PK直前にキーパーを交代させた府中の監督の采配はピタリ賞もの!

 

この、第2PK直後の府中による勝ち越しゴールは

ヴォスクオーレ仙台にとってかなり悔しいものでした。

 

そして最後にダメ押しのまたパワープレー返し・・・。

 

 

スポンサーリンク

 

少ないチャンスを確実にモノにした府中の実力は

やはり仙台よりも格上でしたね。

 

 

ここにいるひとりのサポーターが悔しいと思ってるんだから、

選手たちはもっともっと悔しいでしょう。

でも、これが今の実力ということ。

 

ヴォスクオーレには底力がまだ無いという証でもあります。

それは選手たち、チーム全体がわかっていることだと

思います。

 

 

今年度参入したばかりのチームだから、という甘えは

無いはず。でもどこかで感じてるかもしれませんね。

 

これから勝ち抜いていくためには

テクニックやフィジカルだけでなく「メンタル」が

一番重要だと思います。

テクニックやフィジカルの差なんて、外国人選手を除けば

ほんとわずかなものだと思います。

 

 

あとは、ハートですよ。

 

 

 

どれだけこの一瞬に賭けて集中できるか?

 

ハートは熱く、頭はクールに。

 

 

これができないと今後も勝てませんよ。

 

 

私はヴォスクオーレにもっと勝ち続けてほしいし

Fリーグで上位に行ける強いチームになってほしい。

 

そして地元仙台の宮城の東北のフットサルをもっと

盛り上げて欲しい。

 

こんな風に私は本気で心から思っています。

(観戦中は冷静に観ていますが、心中は穏やかではない)

 

私にできることなんてこんな風に書くくらいしか

できませんが、これを誰かが読んでくれて共感して

もらえて、ヴォスクオーレのみなさんに

ほんのわずかでも響いてくれたら

最高にうれしいですね。

 

次こそは!と自らを奮い立たせて次節は

勝利してもらいたいです。

 

2月7日に仙台市体育館で開催されるホーム最終戦も

必ず見に行きます!

 

待ってろ、デウソン神戸!

 

 

それでは、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→速いドリブラーについていける速さを身につける

→テニスと兼用のカーペットコートは使いづらい!

→チーム運営の悩み、礼儀無しの出たがり年長者をどう扱うか?

 

スポンサーリンク