Fリーグ31節結果のみ

tomozouです。

先日の2月1日にFリーグ第31節が行われました。

我らがヴォスクオーレ仙台は名古屋でのアウェー戦です。

 

王者に君臨する名古屋オーシャンズに対してどんなゲームを展開したのか?

気になるところです。

 

先に結果をお伝えすると

Fリーグ31節仙台の結果

出典元:ヴォスクオーレ仙台HPより

 

完敗です。

前半で点差がわずか1点というのは接戦に思えますが

実際のところは違うでしょう。

いつも前半はペースを握られる仙台なので普段通りの展開。

 

鍵は後半です。

いつも後半でやっとペースを掴んで猛攻を仕掛ける仙台です。

猛攻ができるころには時間切れ、ということも多いです。

スポンサーリンク

 

今節は後半終了間際に追加点を許したというのは

パワープレーの影響もあるでしょう。

でも、根本的にはやはり名古屋のプロ意識が勝っていると

いうことだと思います。

最後までゴールを追い続ける姿勢です。

 

今節の良かった点は大量失点はしなかったこと。

一矢でも報いることができたこと。

これだけでしょうね。

 

ヴォスクオーレ仙台の改善するべき点はシュートの正確さなどは

もちろんですがそれ以前にシュートを打ち続けて泥臭いゴールを

決めて試合に勝つ、という意思の強さがまだまだ不足していると

思います。

 

試合を見ているとみんな真剣にプレーをしてはいますが

シュートが少ないし、タイミングが遅い。

いつも熱い気持ちを持ってプレーしている清水キャプテンと

温度差がある選手はいるんじゃないか?と思ってしまいます。

 

あくまで、いちファンとしての勝手な考えですが

Fリーグという日本最高峰のフットサルリーグでプレーしている

以上は名古屋オーシャンズに勝るとも劣らないくらいの

強い気持ちをもって試合に臨んでもらいたいです。

 

塩釜ガス体育館でホーム戦初勝利したあの時、私は観戦してて

涙が出てきました。純粋にすごくうれしかったんです。

選手たち全員も同じ気持ちだったでしょう。

キャプテンの涙も忘れられません。

 

ヴォスクオーレ仙台がステラミーゴ花巻の二の舞に

ならないよう、これからも応援していきたいと思っています。

 

そのためには、勝利!

 

これしかありません。

明日の神戸戦、仙台市体育館の観客席で見守っています。

ホーム最終戦、魂の込もったプレーを全員に期待します!!

 

それでは、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ヴォスクオーレ仙台の新シーズンが心配になる・・・

→滑りにくいインソールがこんなに効果あるなんて!

→フットサル大会のカテゴリーなんてほぼ意味ないと思う

 

スポンサーリンク