怪我に泣く選手

tomozouです。

フットサルでの調子はいかがですか?

私は右足首の捻挫がようやく改善の兆しが少しだけ見えてきました。

これまでタニラダートレーニングを激減させていた私です。

週に2〜3回はやっていたのに、今や月に2回くらいしかやっていません。

 

スポンサーリンク

 

捻挫が完治してないままでラダートレーニングするのは

足にかなり負担がかかるからです。

テーピングすれば、できますけどね。

でもテーピングしてまで無理にやる必要はないです。

 

実はもうすでにタニラダーで会得した動きが意識的にできるように

なっているから。まだ無意識にはできませんが。

もっとトレーニングすれば無意識でも勝手に良い動きができるように

なるはず。楽しみです。何歳になっても瞬発力は維持・向上できますから!

キング・カズみたいになりたいから頑張りますよ〜!

 

 

捻挫が完治しない状態でもテーピングしながら無理して

フットサルを楽しんでいる私。本当は完治するまでやっちゃダメだと

思うんですが・・・・やりたいからやっちゃうんです。

今は自分がチームを運営しているし、自分が参加しないわけにもいかないし。

半分は責任感と半分はただやりたいから。楽しみたいからちょっと無理して

やっています。

 

 

このところ、左手首の痛みがずっと治らなかったり、

右脇腹を痛めたりと受難が続いてますが、へこたれません。

オヤジになるにつれ、ハートも強くなっているのかもしれないですね〜。

 

若い頃はできなかった細かいボールさばきとか、

ディフェンスのツボのようなものが、だんだんと少しづつ体得できて

いるように思います。

それもこれも、タニラダートレーニングのたまものです。

細かい動きを俊敏にするには、自分にできる速い動きを

何度も繰り返して身体に染み込ませることです。

それと、イメージすること。

 

スポンサーリンク

 

これを繰り返すと、私みたいな36歳のオッサンでも上達できます。

やはり小さなことからコツコツと積み上げることが重要なんですね。

 

それと、

動体視力を向上させるメガネ、プライマリーも非常に効果が出ています。

1日おきくらいに使ってますが、ほんとに速いボールに反応できるように

なったので良く見えるようになってるってことですよ。

キーパーやると、前までは5割くらいの確率でしかセーブできなかったのに

今では9割くらいセーブできてます。

 

ほんとかよ?って言われそうですが、事実です。

私の実体験に基づいています。

10本のシュートの内5本しか(遅いシュートのみ)反応できずに

何度もゴールを許していたのが、今では10本のシュートの内9本は

キャッチもしくはセービングでゴールを許していません。

 

ディフェンスしてる味方の身体でブラインドになってる時はシュートが

見えないのでさすがに反応できませんけどね・・・。

もう一定の速度のボールなら確実に捉える自信はあります!

それくらい動体視力が良くなったんですよね〜。

高かったけど、ほんとに買ってよかったなあ〜って実感してますよ!

 

使ってみないとわからない世界なので、動体視力が弱くて困っている人、

維持・向上を狙っている人はプライマリーを使ってほしいですね。

私と同じように、さらにスポーツが楽しくなること間違いないので。

 

スポンサーリンク

 

楽しくスポーツを続けるには、一定の努力が必要です。

自分の身体だけでもトレーニングは可能ですが、色んなアイテムを

使って、より能力を引き出すことも必要なことだと思います。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→瞬発力トレーニングは長い時間やっちゃダメ!

→一瞬で置き去りにされない速さを手に入れるポイントとは

→瞬発力が欲しい!と思うならコレ

 

スポンサーリンク