2014Fリーグ最終節

tomozouです。

ヴォスクオーレ仙台はバレンタインデーに最終節を迎え、

東京の墨田区総合体育館でフウガドールすみだと対戦しました。

ヴォスクオーレサポーターの最後の望みも虚しくFリーグ最終節を

勝利で結ぶことができませんでした。

 

Fリーグ2014最終節結果

出典元:ヴォスクオーレ仙台ホームページ

 

結果は 1対5 という大差で完敗。

後半の残りわずかな時点で藤本選手による得点で一矢報いたのみ。

なんとも寂しい結果です。

 

スポンサーリンク

 

来月にはPUMAカップが控えています。

またフウガドールすみだとの対戦です。

同じ相手に連続で負けるほど力が無いわけではないはず!

一層気を引き締めて次こそは勝ってほしい!

と、願っています。

 

 

今季から初参入したヴォスクオーレ仙台はわずか3勝のみ。

内訳は

・湘南ベルマーレに2勝

・バサジイ大分に1勝

ホームでの試合は11試合あったものの、勝利できたのはたったの1試合のみ。

塩釜ガス体育館でその試合を観戦できた私は幸せ者だと思います。

バサジイ大分に1度だけ勝てたのは、大分のチーム状態がよっぽど悪かったか

かなり油断していたからでしょうね。

 

トータル3勝していても、

得点数はリーグ最下位。

失点数もリーグ最下位。

当然、得失点差も最下位。

順位はかろうじてワースト2位でしたが、かなり厳しい結果です。

 

それでも、私は応援し続けたいと思っています。

それはフットサルが大好きだから。

ずっとプレーすることだけが楽しかった私ですが、

ヴォスクオーレ仙台のFリーグ参入をきっかけにして試合観戦を

するようになり、ファンクラブにも入って応援するようになりました。

 

強い相手を前にして、ひたむきにゴールへ挑む選手達の姿を見ていると

自然と胸が熱くなります。目頭が熱くなるのも感じます。

ヴォスクオーレ仙台のおかげでFリーグがとても身近に感じるように

なりました。

以前は東北にもステラミーゴ花巻がありましたが、今は・・・・。

 

今年度からのFリーグ参入で選手やチーム全体は非常に辛い経験を

たくさん積んだことでしょう。

サポーターも同じです。

毎回、「泥臭くていいから勝ってほしい!」と祈りながら観ています。

 

正直なところ、「弱すぎるからもう観に行かなくてもいいや。」

っていう人もたくさんいると思います。

でも私は応援し続けたいと思います。

生まれ育ったこの地元が好きだし、地元にフットサルが1日も早く

根付いてほしいからです。大好きなフットサルが。

サッカーと同じくらいメジャーな競技になってほしいんです。

そしていつまでもどんなに年をとってもフットサルを楽しみたい。

 

本気でこう思っています。

 

だからこそ、ヴォスクオーレ仙台にはひとつでも勝利をしてもらいたい。

地元の一サポーターの想いです。

 

きっといつかこの想いが届きますように。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→サッカー用キーパーグローブはフットサルには向いてない

→男女ミックスのフットサルチームは短命で終わりやすい

→サッカー元日本代表の3人に会えてサインもらえた親子サッカー教室

 

スポンサーリンク