眼力

tomozouです。

前回の記事でプライマリーの概要を書きました。

今回は装着するとどういう感じなのかについて、です。

 

YouTubeに簡単な動画をアップしているので見ていただければと思います。

→プライマリーの動画はこちらです

 

スポンサーリンク

 

装着するとどういう感じなのか?

プライマリーはレンズが瞬間的に遮断されるシャッター構造になっていて、

カメラのストロボ撮影みたいな感じなんです。

見える部分が高速で「透過」→「遮断」→「透過」→「遮断」といった具合に

見える、見えない、見える、見えないが繰り返されて眼球を素早く動かす訓練になります。

 

徐々に慣れてくるといくつもの写真をつなぎ合わせていくような感じの

スローモーションみたいに見えるような瞬間がやってきます。

プライマリー2

レンズが変化するシャッターオンオフの時間はもちろんいつでも調整できるようになっています。

こういったトレーニングが初めての人でも、熟練したアスリートでも幅広く対応できるのがいいところです。

普通のメガネやサングラスと同じくらいに軽いし、付属のUSBケーブルでも充電できるので便利だし。

使用時間にもよりますが、一回の充電で2〜3週間以上は持続します。

簡単で、いつでも使えます。手軽で便利なところがポイントです。

 

実は日本のプロ野球チームやプロサッカーチームなどでも導入されていて、実績を上げているんです。

すごいですよね〜。

そんなアイテムを私も使っているんですよ!

 

 

速いボールに対する反応が遅かった私

つい昨年までずうっと速いボールを追うのが苦手のまま、俊敏な人を追うのが遅いまま

ここまでやってきました。元々視力自体は良い方なんですよ。

中学生のころは視力検査で2.0ありました。その後、1.5まで下がり今は1.0くらいです。

でも静止視力は動体視力と違うんですよね。

静止視力が悪くても、動体視力が良くってスポーツができる人はいくらでもいます。

 

フットサルで特に反応できないところはゴールキーパーをやっている時。

シュートを打たれると速いシュートはまず90%くらいは反応できませんでした。

遅ければ割と反応できてセーブにつながるんですけどね!

シュートをさっぱり止められないキーパーがいると、チームのメンバーにも信頼されませんよね。

フィールドでパス回しをしている時にも、速いパスがくると見えなくてトラップできなかったり。

 

こんなことがいつもでした。

どうしても改善したくて、スピージョンというものも何年も前に買った経験があります。

ほとんど効果は無かったですが、プライマリーは驚くほどの効果が出たんです。

 

スポンサーリンク

 

もうかれこれ3ヶ月以上はプライマリーを使っていますが、始めの数回(数日)程度ですぐにその効果が

体感できたんです。フットサルの時にキーパーをやってみたところ、シュートが見える!

弾道がちゃんと見えたんです!足で蹴る瞬間、ボールの弾道、自分がキャッチするまでの時間がいつもより

長く感じました。その時はほんとにビックリでした。

こんなすぐに効果が出るなんて思ってなかったので・・・。

 

良いもの買えたなってこの時点で大満足ですよ。

その後もずっと続けています。

プライマリーを使う前と比較したら比べものにならないくらいに動体視力が向上しているのが

体感できています。これは使ってみないとわからないことなので、お金に余裕があるなら是非!

といったところです。お子さんの能力をもっと発揮させたいという親の気持ちをこのプライマリーに

込めてもいいでしょうね。

そういう方も実際に多いらしいです。

 

 

プライマリーのさらなる効果

40歳以上になると、眼の衰えは急激に進行するようですよ。私は36歳なのでまだ大丈夫ですね。

眼球運動を日頃から訓練することが眼の老化対策にもなるんです。

プライマリーは4万円近くする高価な物なので一家にひとつあれば最高です。

みんなで使うことができるので家族で眼力(動体視力)を鍛えられます。

みんなで順番に使ってトレーニングして、それまでよりももっと気持ちよく、楽しくスポーツする。

さらには眼の健康維持にも役立つ。眼が衰えなければ生涯現役でスポーツを楽しめます。

 

日常で言うと

自動車の運転にも効果があります。

動体視力が良ければ、危険をいち早く察知して(反応して)

事故を回避できるようにもなります。

社会的な観点からするとこれが一番重要なポイントですね。

 

スポンサーリンク

 

プライマリーはこれらのことにすごく貢献できる、

世界にひとつのゴーグル(メガネ)です。

興味があれば、使ってみてくださいね。

私はフットサルがますます楽しくなっています。

誰もがそんな風になれたらもっと楽しくなりますね。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→サッカー用キーパーグローブはフットサルだと使いづらい

→首猫背を自分で改善する方法

→動体視力を鍛えれば反応が速くなる!その方法

 

スポンサーリンク