team

tomozouです。

以前、LINEを導入してみたという記事を書きました。

その後の経過を。

 

LINEを導入して良かった点は

トークに書き込むと、瞬時に読んでもらえることが多いということ。

これが最高のメリットだと思います。

単なる掲示板サイトだと、その都度アクセスしてみないと書き込みがあるのかも

わからないですからね。スパム対策のコード入力も面倒だし。

そんな掲示板に対してLINEは仲間内だけで見れるのでチームやサークル活動している

人たちにはぴったりのコミュニティ作り用アプリですね。

スポンサーリンク

逆にLINEを導入して良くなかった点は

みんながみんなスマホを持っているわけじゃないということが引っかかってきます。

ガラケーを愛用していてスマホは買わない!という人もいるんですよね。

そんな人には個別でメールを送らなければならないという手間が発生してしまっています。

 

これは、わかっていたことだし、前からメールでのやりとりはしているので

良くなかった点というわけでもないんですが、LINEを導入したことによって

ほとんどのメンバーが瞬時に書き込みを読んでくれる、または通知を認識してくれて

忙しい時は後からでも読んでくれるという、大きな変化があったわけです。

 

なのでほんの一部の人にだけメールを送る必要があるっていうことを

うっかり忘れてしまうんですよね。

これが、ちょっと良かったのか悪かったのかよくわからない点です。

手間が減ってるのか増えてるのか・・・と考えると減ってないような気がします。

 

 

まあ、それでもLINEには面白いスタンプを送れるとか、

すごく気軽にトークに参加できるとか、メンバーと一斉に話し合いができるという

大きなメリットがLINEにはあるのでもう元には戻れませんけどね。

このことはLINEを導入して正解だったなと思うメリットとして挙げられますね。

 

 

このあたりは永遠の課題であることには変わりないので、ガラケー組のメンバーが

スマホ組に参加してくれる日がくるまでの間、

しばら〜くは辛抱するしかないのかもしれませんね。

 

いつになるのやら・・・・。

 

最近メールを打つのが面倒になってきたtomozouでした。

それではまた。

 

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→チーム運営のポイントはメンバーにまず感謝すること

→チームの悩み、礼儀無しで出たがりの年長者をどう扱うか?

→チーム運営でモチベーション低下は死活問題

 

スポンサーリンク