一瞬の勝負

tomozouです。

しばらくの間、ラダートレーニングを休んでいました。

右足の捻挫がいまだに完治していないので一時期完全にやめてたんです。

すると、しばらくやっていなかったことで、なんとなく身体の動きが

鈍くなってるような気がしていました。

 

スポンサーリンク

 

その感覚はやっぱり正しかったようで、先日久しぶりにちょっとだけ

タニラダーを使ってみました。

なるべくスピードが落ちないように気をつけながら、多分時間にして2分くらい。

そんな短い時間でも、真剣にトップスピードの意識でやるとすごく息があがります。

これだけでも十分に効果があるはずなんですよね。今までの経験からすると。

 

久々にタニラダートレーニングを2分くらいやったその日は夜にフットサルがありました。

いつもの体育館で現役の高校生・中学生とその親世代くらいの大人たちが

一緒にやる自由参加のフットサルです。

 

 

現役中高生とフットサルができる幸せ

毎日のように練習に励んでいる現役のサッカー部員たちとフットサルができるのは

私たちオッサンにも刺激があり、子供たちにとっても刺激がある良い時間を過ごせるんです。

身体の大きさと強さは大人に勝てなくても、

体力とテクニックとスピードで大人に勝る子供たちは日々成長しているので

対戦する度に上手くなっているし、それを見ていると自分にもインスピレーションを

与えてくれるので毎回楽しくなります。

 

そんな、体育館でのいつものフットサル。

なんか体が重いなーって思っていたこのごろだったんですが、久々にタニラダーを使ってから

夜にこのフットサルに参加してみたところ、・・・・おお!やっぱり動きが良い!

何が違うのかというと、脚の動きが大きくて速い・スムーズになっている感覚があるんです。

足ではなく、脚ですよ。

 

 

 

太ももの上がりが良いとかスムーズと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

つま先が上がる感覚ではなくて膝から太ももまでがクッと上げやすいイメージです。

こういう感覚があると、脚力が増すんですよね。

 

自転車で例えると、

・調子がイマイチな時は小さな車輪を急いでせかせかとこぐような感じ。

車輪が小さいとなかなか前に進まないですよね?

・調子が良い時は大きな車輪を大きくこぐような感じなんです。それもスムーズに。

車輪が大きいと前に進みやすいんです!

 

スポンサーリンク

 

足ではなく脚の動き(回転)が良くなる

タニラダーに限らずに普通のラダートレーニングでも同じですが、

太ももの付け根部分(関節)を使う動きが多いんですよね。ここが重要です。

必ず太ももをきちんと高く上げつつスピードも落とさずにトレーニングすることで

その動きが身体に浸透するんです。(焼き付く・染み付くというイメージ)

これを定期的に何度も続けることで意識していなくても自然と脚力が上がって行き

自分のものになるんですね。

素早い走り

(上の画像のようにトップアスリートの走りは太ももが上がっている)

 

以上のことが再確認できた日でした。

やっぱり調子が悪くなる前に、定期的に継続してタニラダーを使っていかなくては。

と、改めて思いました。

瞬発力が上がっていることを実感できるのはやはりフットサル中の1対1の場面です。

今は現役サッカー部の高校生と1対1になった時でも負けません。

 

タニラダーに出会う前なんかは、中学生にも簡単に抜かれてましたからね。

たいしてスピードが無い中学生にすら負けていたんです。

あの頃から比べると自分でも見違えるほどです。

 

ステップが速くてボールコントロールが上手い高校生に対しても負けることなく

ついていけるようになりました。右足捻挫してるのにも関わらず、ですよ。

捻挫が完治したらきっともっと速く動けるようになっているんじゃないかって

ワクワクしちゃいます。

ドリブルされると簡単に抜かれまくっていた頃とはもうサヨナラです。

明らかにスピードアップできています。反応も速くなりましたよ。

あとは捻挫さえ治れば・・・・。

 

 

私のタニラダー設置環境

タニラダーを置いてる状態

自宅アパートのロフトの床にタニラダーを置いているので、

あんまり長い時間はできません。(音が隣まで全てに響いてしまうので)

でも部屋の中でできるので天気を気にしなくていいのがメリットですね。

なるべく音も出にくいようにパズルマットもニトリからいっぱい買ってきて

敷き詰めてます。さらにズレ防止用にヨガマットも敷いてます。

まあ防音性はわずかではありますが、無いよりはマシですね。

 

黒いはしご部分を踏むとズレたり滑ったり怪我の元になるので注意しながらやってます。

室内でもシューズを履いてやるのが一番効果的で怪我防止にも良いです。

 

スポンサーリンク

 

一般的なラダーよりもタニラダーが優れている点は、短いこと。

無駄が無いことですね。短時間で素早くメニューをこなしながら自分のトップスピードを

身体に染み込ませるのがタニラダーの役目なのです。

一般的なラダーは長すぎるんです。だから途中から疲れてしまってスピードがガタ落ちする。

これがトレーニングの効果を半減させてしまう原因だと思います。

 

短く、速く、続ける。これがラダートレーニングの基本ですね。

そしてトレーニング効果を最短で実感するための方法です。

 

この記事が瞬発力をつけたい、スピードアップしたいという人の参考になればうれしいです。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→速くなりたければ格上の人対戦するのが一番手っ取り早い

→一瞬で置き去りにされない速さを手に入れるには

→瞬発力さえあれば息の長い選手になれる

 

スポンサーリンク