瞬発力だけで抜き去る

上の画像はイメージです

(素速い動きで相手を翻弄する技術が特に必要なスポーツという意味で)

 

tomozouです。

あなたは自分の瞬発力に自信がありますか?

私が大好きなフットサルやサッカーに限らず、スポーツにおいて一番重要な能力は

瞬発力だと思っています。

走り続けられる体力ももちろん大事ですが、それよりも瞬発力。

トップスピードの速さも大事ですが、それよりも一瞬で勝負を決める瞬発力。

テクニックや戦術なども大事ですが、それよりも考えなくとも反応できる瞬発力。

 

瞬発力があれば、相手に負けることはありません。

プロアスリートとして長年活躍し続けている40歳代の選手たち。

アメリカのメジャーリーグで活躍しているイチロー選手をはじめ、

Jリーグ開幕から今でも活躍しているキングカズこと三浦和良選手、

女子プロテニスのクルム伊達公子選手などなど他にも沢山います。

 

 

プロアスリートが長生きするためには

彼ら、彼女らは人並みはずれた努力を続けているのはもちろんのこと、

一番重要視している能力が瞬発力であることは間違いありません。

年齢を重ねたベテラン選手たちが、10代や20代の将来性豊かな若い選手たちと

同等かそれ以上の力を発揮するには若い彼らと同等の瞬発力が必要になってきます。

同じレベルの機敏さを保ちつつ、それまで培った豊富な経験と知恵と熟練した技術で

若い世代にも打ち勝つことができるのです。

 

もちろん瞬発力だけあれば十分というわけではありませんよ。

視力や動体視力も必要だしコンディションを保つためのメンタルケアなども重要です。

人は年齢を重ねるとともに身体は必ず衰えていきます。どんな人でもです。

ただし、一定のトレーニングを続けていれば衰えを抑えることは可能なのです。

その衰えを抑えると同時に少しづつでも鍛えることができるアイテムのひとつが

ラダーです。

 

スポンサーリンク

ラダーの素晴らしさ

ラダーは素晴らしいトレーニングアイテムです。

あんなの無くてもいいだろうと思う人はいると思いますが、あるのと無いのでは

素早い動きと動作やポジションなど身体に染み付く度合いが違います。

ラダーを使ってトレーニングすることで、

自分がきちんと正しい方法・動き・速さでやれているのか把握できるのです。

同じ動きやトレーニングをラダー無しでやろうとすると頭で考えすぎてしまって

身体に染み込みにくくなります。

(自分で経験済みのことなのでこう考えてます。)

 

何度も繰り返し継続してラダートレーニングすることで、始めた当初よりも

どんどん自分の動きが速くなっているのが体感できるようになります。

ラダー無しで同じことをやってもあまり実感が湧かないのです。

これがラダートレーニングのものすごく重要なポイントなのです。

 

 

自分の最速を知る

自分の現状でのMAXスピードをまずは知ることができれば、

その日の調子がわかるようになります。

定期的に続けることでラダートレーニングに慣れていき、

さらに速い動きが可能になります。

その速い動きが自然と身体に染みついて普段の練習や大事な試合でも速い動きが

できるようになるのです。

 

要は、自分のトップスピードを感じながらトレーニングを積むことが

瞬発力をつける最短の方法なのです。

トップスピードを保つのは長い時間続けられませんよね?

せいぜい数秒か十数秒くらいでしょう。

だから短時間で終わるトレーニングを何度も集中してやることが効果的です。

疲れてしまうまで長くやっていたのでは、逆に遅いスピードが身体に染み付いてしまいます。

動きに緩急は必要ですが、それは試合で必要なこと。

 

トレーニングにおいては、

長い時間に渡ってやるのではなく、短時間でやることがコツなのです。

こうして少しづつ瞬発力を向上させることが可能なわけです。

 

 

瞬発力を養うと・・・

瞬発力が向上すれば、大して技術がなくても瞬間的に相手を置き去りにすることができます。

瞬発力が向上すれば、一度抜かれても持ち直して追いつくことができます。

瞬発力が向上すれば、すべてにおいて速い反応ができるようになります。

瞬発力が向上すれば、相手よりも一歩速くボールに届くようになります。

瞬発力が向上すれば、もっともっとスポーツ全てが楽しくなります。

瞬発力が向上すれば、年を取っても若い人たちと同様にプレーできます。

瞬発力が向上すれば、生きているのが楽しくなります。

 

瞬発力が高くなれば、プロ選手と同じように生涯に渡ってスポーツを末永く

楽しめるようになるかもしれません。

 

と、私は思います。

瞬発力ありきではありませんが、息の長いアスリートたちはそれぞれの競技を

本当に楽しみながらトレーニングに励み、本番のプレーにつなげています。

そしてその人生そのものを楽しんでいます。

私自身も、そんなアスリートのように楽しみながら生きていきたいので

こうして体験していること、思っていることを書いています。

 

これを読んでくれたあなたに少しでも共感してもらえたらうれしいです。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→瞬発力強化のトレーニングは短時間で終わらせることがポイント

→格上のドリブラーと対戦するのが自分も速くなれる練習になる

→一瞬で勝負を決定づける速さを養う方法は・・・

 

スポンサーリンク