tomozouです。

前回、どこかの大会に参加したのはいつだったっけ?

と、思い出せないくらい大会に出場していない我がチーム。

しかし4月から転勤することになったメンバーのためにと、大会参加を決意したのです。

参加したのはスーパービギナーズのカテゴリ。

下から2番目のこのカテゴリでも、全く油断はできません。

やたらと上手い人がいるチームも参加してくるケースが多いので警戒していました。

 

スポンサーリンク

 

結果的には・・・

 

久々の大会だったけど、準優勝!

優勝には惜しくも届かなかったものの、ある程度は満足の行く結果だと思います。

離脱してしまうメンバーはゴールを挙げてくれたし、私を含め他のメンバーも

必死になって勝利を目指した結果です。

私も1ゴール挙げられたし(さらにオウンゴールもしちゃったけど)、

随所に良いプレーが見られて内容的にも良かった大会でした。

 

1試合目 4−2 勝利  1得点ゲット!

2試合目 0−1 敗戦  惜しかった・・・。

3試合目 2−4 敗戦  ダメ押しのオウンゴールゲット・・・。

4試合目 2−0 勝利  後半守りきって勝利!

 

スポンサーリンク

 

全4戦で2勝2敗という微妙な感じでしたが、得失点差で辛くも準優勝!

割と接戦なところもあったので良い大会だったのではないかと思います。

(相変わらず審判のジャッジにはちょっと不信感が残りますけどね・・・)

 

それでも最後はみんな晴れ晴れした顔をしてたので大会に参加して良かったなと。

フットサル大会で使ったもの

上の画像は大会に必須のすね当て・すね当て用のソックス上部分など。

これで大会に臨みました。

 

私みたいに普通のサッカーストッキングを使わない(靴擦れするので合わない)

人間にとっては、ソックスの上部分が無いとすね当てが使えません。

なので、赤いソックス(タビオのレーシングランプロ)に

紺色のアディダスソックス(足首から下部分をちょん切ったもの)を使いました。

こういう公式戦の時に使うことになるわけですよ。切ったソックスを。

普通のサッカーストッキングを切った話の記事 

 

いちいちテープでソックス同士を留めないといけませんが、この方法が私にとっては

ベストです。世界中のプロ選手達がやっている方法なので全然面倒だとは思いません。

 

 

準優勝の記念品はサッカーストッキング

青い普通のサッカーストッキングだったので私にはいらないものでした。

8人参加して、もらえたのは6足分。

さっさと帰ってしまったメンバーと私以外の6人に配って終了。

まあ、ちょうどよかったのかな。

どうせならソックスじゃなくてタオルとか違うものの方がよかったけど・・・・。

 

 

それと、今回は転勤して離脱してしまうメンバーのために買っておいた

アンブロのタオルをプレゼントしました。

アンブロのタオル

アンブロ好きな人なのできっと喜んでくれたはずです。

大会が終わったあとにみんなでごはん食べに行くはずが、都合により予定が消滅。

忙しいから仕方ないんだけど、ちょっと寂しい別れとなりました〜。

 

まー一生の別れじゃないんだし、いっか!

なんとか有終の美を飾れたし、よかったよかった!

ってことで楽しいフットサル大会に参加できた日曜日でした。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→チーム運営のモチベーション維持は

→トゥルーソックスを履かなくなった理由とは

→出たがりの年長者メンバーをどうすべきか

 

スポンサーリンク