イグニオ滑り止めスプレー

tomozouです。

月に1〜3回くらいは体育館でもフットサルできている幸せな私です。

近所の町にある体育館で土曜日のよる19時から2時間、自由参加でフットサルしてます。

チームに所属していなくても、これに参加すれば十分楽しめるんですよね。

大人だけでなく、現役サッカー部の高校生や中学生も混じって楽しくやってるんです。

 

今回は体育館でプレーする際に起こる特有の困りごと「床面の滑り対策」について。

 

スポンサーリンク

 

体育館では時と場合によって滑りやすい

体育館でフットサルしたことある人ならわかると思いますが、

人工芝用のイボイボアウトソールは使えません。

上靴の裏面のような感じの屋内用シューズでなければダメなんですよね。

 

で、こういったシューズの場合は新品当初は問題なくても使い込んでくると、

アウトソールのゴムの摩耗や汚れなどでグリップ力が失われてきます。

プレー中に思うように止まれない・・・とかこけやすいということありませんか?

これはゴムの摩耗か汚れによる滑りの場合がほとんどです。

 

 

 

ゴムの溝がもう無いならば

ゴムが見た目で摩耗しきっている場合(溝が無い)はもう無条件で買い替えすればいいです。

そのシューズを履いていても良いコンディションでプレーできません。

逆に滑って怪我をする恐れもありますから早めに買い替えた方がいいです。

でも、まだゴムの溝が残っていて、摩耗による滑りではない場合には

上に挙げたスプレーがよく効きます。

 

 

まだゴムがそれほど摩耗していないならば

アウトソール(足裏面)の表面が汚れているという場合が多いです。

そんな時はタオルを水で濡らしてから固く絞り、水気を切ってからアウトソールを

ゴシゴシ拭きます。

これだけでも大幅にグリップ力が改善する場合もあります。

(比較的新しいシューズなら)

 

スポンサーリンク

 

これで改善しない時にはスポーツ用品店に必ず置いているであろう滑り止めスプレーの

出番となります。私はイグニオのノンスリップスプレーを使っていますが、他の物でも

中身は全て同じだと思います。

 

 

滑り止めスプレーを実際にかけてみると

ちょっとクサいバニラのような甘い感じのニオイがします。

私はこのニオイ苦手なんです・・・。

でも所属チームのメンバーはこのニオイが割と好きみたいで、

人によって好みがわかれるところですね。

アウトソールをゴシゴシ拭く

こうしてスプレーをかけてからタオルなどでゴシゴシ拭きあげます。

(スプレーする前に、タオルを水で濡らし固く絞った上で、よ〜く拭いておく必要がありますよ)

スプレーをかけて拭きあげても、濡れたままだと滑りやすいので必ず乾いてから履きます。

これで劇的にグリップ力が良くなるはずですよ!(新品並みに)

 

 

私のシューズ【ヒュンメル アピカーレライト】への効果

私のこのシューズは3年履いていますが、滑り止めスプレーのおかげで新品同様の

グリップ力を取り戻せています。

プレー中の踏ん張りやボールコントロールなど全てに影響しますからね。グリップ力は。

すばやい動きや切り返しなどフットサル特有の動きは足裏から始まっています。

なので一番大事な要素と言えますね。

 

ほんとに止まりたいところで止まれずに滑りまくってたら

守備も攻撃もできませんからね・・・。

滑ることなくキュッキュキュッキュと鳴らしながら、

すばやく的確なプレーができたら

フットサルは今までよりももっと楽しくなります。

 

スポンサーリンク

 

なんかちょっと滑るな〜とかグリップ力が少し無くなってきたと感じるなら必要かも。

このスプレーはひとつ600円程度なので買っておいて損は無いと思います。

スプレー後に乾いた状態

イボイボついてる人口芝専用シューズを履いていて、人工芝コートでしかプレーしない人には

関係ないことですけどね!

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→シューズはインドアと屋外で使い分けるべきです

→滑りにくいインソールがこんなに効果あるなんて

→インドア用シューズの買い替えを検討・・・

 

スポンサーリンク