フットサルで使ったもの

tomozouです。

私が運営しているフットサルチームは慢性的な人数不足に悩んでいます。

先日の土曜日夜に、最近知り合ったチームと練習試合をさせてもらいました。

その時は近年まれに見る少なさでたぶんチーム史上初の記録だと思います。

なんと4人しか集まらなかったのです。(悲しい・・・)

予定では6〜7人参加のはずが、個々の諸事情によりだんだん減っていき、4人に。

 

スポンサーリンク

 

新規メンバーの獲得が急務だが

在籍メンバーは十数人いるものの、参加できるメンバーはいつも限られていて

だいたい同じメンバーしか参加しないということが多いんです。

しかも5〜7人、がんばってもせいぜい8人止まり。

あ、でも先日の大会参加後にまたメンバーが減ってしまったので最大でも7人ですね。

それに助っ人してくれるような人はいないので寂しいもんですよ。

 

新規でメンバーを獲得することに目を向けてはいるんですが、

問い合わせが来るのは十代とか二十代前半の若い人ばかりで、

まともな礼儀も無いことが多々あります。

メンバー募集の問い合わせに対して、こちらから丁寧に返事をしても、

これに対する返答も全く無し。

一定の常識が無いような人が多く、メンバーになってもらうに値しないような人ばかり。

 

そんな中でもなんとか1名は新規で獲得できました。これはほんとにうれしいことです。

まだ2回しか参加できてませんが、

日時が合えばちょくちょく参加してくれそうな良い人なので期待しています。

 

 

友達や知り合いから増やすべきか

チームメンバーの友人関係や知り合い関係、会社の同僚などに期待している側面はあります。

でも今ままでにも増えたことがないのであんまり期待できない部分です。

一般的には一番可能性のある線なんですが、うちのメンバーには縁がない感じです・・・。

 

スポンサーリンク

他チームとの合併・吸収なども視野に

いつまでも少人数のままだと今後も転勤などでさらなる人数不足に陥る可能性が高い。

なので人数が増える見込みが無いとしたら、最終手段に踏み切るしかありません。

仲良くさせてもらっている他のチームとの合併です。

合併でなくても合同での練習とか、活動を共有するという方法もありますね。

吸収してもらうという方法もありますが、これはチーム全体で決める必要があります。

チーム運営者といえども、勝手なことはできません。

 

私自身もチームの一員であるし、独立した一つのチームとして

今後も機能できる可能性があるならばその可能性に賭けるべきだとも思います。

 

 

老舗?中堅?のチームでもある

創設から一年や二年の若いチームではなく、15年くらいの経歴をもつチームですから。

チームの状況が少しでも良くなるようになんとか改善、改善で新しいことも

取り入れるなどして運営していかなければ消滅の危機に瀕することは簡単に起きます。

老舗の会社のように、息の長いチームになれば数多くの仲間・チームと出会えますから。

 

 

苦しい状況の時こそ、チャンスが潜んでいるということはよくある話。

参加メンバーが少なくても練習試合に誘ってくれる仲の良いチームがいる限り

あきらめずにめげずに運営していくことがチームを明るい未来に引き連れていけるのだと

思います。まずは努力を怠らずに、また一歩一歩やっていこうかと思います。

 

ちょっとめげそうになっていましたが、持ち直したのでまたがんばろっと!

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→試合で使えるスポーツソックスはあれだけじゃない

→チーム運営は結構大変なんですよねえ・・・

→チーム運営を円滑にするために色々対策を講じる

 

スポンサーリンク