アンブロ人工芝用シューズ

tomozouです。

昨年までずっとインドア用のフットサルシューズばかりを使ってきました。

なぜインドア用だけかというと、

かれこれ7〜8年前にプーマの人工芝用イボイボ付きのシューズを履いていた時、

立て続けに足首を捻挫したのをきっかけにしてイボイボ付きシューズを履かなくなって

しまったんです。ちょっと怖くなったんですよね、人工芝用シューズが。

 

インドアシューズは人工芝(屋外)でも使えますが、

人工芝用のシューズは屋内だと使用禁止の場合がほとんどだからという理由もありました。

 

スポンサーリンク

 

人工芝コート用シューズとインドア用のシューズの違い

一応、このふたつの違いを知らない方のために。

スポーツ用品店に行けばすぐにわかることですが、「室内用もしくはインドア用」や、

「人工芝用」などと書いてあります。

アウトソール(足裏面)を見ればその違いが一目瞭然。

人工芝用のシューズは小さなイボイボが沢山ついていてサッカーのトレーニングシューズ

みたいなものです。下の画像はアンブロの人工芝用シューズ。

シューズ裏のイボイボ面

インドア用(体育館など)シューズはイボイボなど無くて平らな面をしている上靴みたいな

アウトソールになっています。下の画像はヒュンメルのインドア用シューズ。

アピカーレライトの摩耗したソール

 

それぞれにメリットがあってデメリットもある

先にも書きましたが、インドア用シューズは屋外でも使えるけれど

人工芝用シューズは屋内では使えません。

最近ではフットサルとテニスが共用になっている一風変わった床面のコートがありますが、

ああいった体育館の床でもなく人工芝でもないコートでは

インドア用シューズでないとダメなことがほとんどです。

そう考えると、インドア用シューズだけ持っていれば十分なんじゃないか?

って思いますよね。

 

でも、そうとは限りません。

 

スポンサーリンク

 

インドア用シューズのメリットとデメリット

インドア用シューズは確かに使い勝手が良いというメリットがありますが、

その反面であまり耐久性がありません。

基本的に全体が柔らかく作られているので、シューズ自体が徐々にフニャフニャに

なってきます。

アウトソール面のギザギザの溝も浅いので、しばらく使いこんでくるとゴムが摩耗して

グリップ力が急激に悪くなってしまいます。

床面のホコリなどの汚れが付着してしまうと滑りやすくなったりします。

 

汚れがついただけであれば、シューズの滑り止めスプレーをかけて拭いてあげれば

グリップ力は復活してくれますがゴムが摩耗している場合には全く効果が無い時もあります。

→3年使っているインドア用シューズのグリップ力が復活した話

 

シューズ全体の重さが他のシューズよりも比較的、「軽い」というメリットもあります。

シューズが軽いと脚も動かしやすく、疲れにくいのは確かです。

人工芝のコートでも体育館でもその他のコートでも場所を選ばずに使えるというのは

最大のメリットかもしれません。

 

 

人工芝用シューズのメリットとデメリット

まず、イボイボがついているおかげで強力なグリップ力を発揮してくれます。

インドア用シューズよりも確実に自分の脚力を地面に伝えることができるので、

滑りにくいです。

(絶対に滑らないわけではありませんよ!)

シューズが全体的に強く作られています。固いと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

イボイボがついているために全体的な剛性感がインドア用シューズよりも非常に高いです。

 

極端な言い方をすると、インドア用シューズはスリッパみたいな柔らかい感じで、

人工芝用シューズはスキー用の靴みたいなカッチリとした感じ。

ちょっと言い過ぎでしょうか??

 

あとは耐久性が高いです。インドアシューズの2倍以上は長持ちすると思います。

イボイボも意外と摩耗しにくいです。

人工芝コートでしかフットサルやらないという人は絶対に持つべきかと。

 

デメリットとしては、インドア用シューズよりも若干重いということ。

滑りにくいというメリットの裏返しで、足首に負担がかかりやすいという側面もあります。

 

ただし、インドア用シューズを履いて人工芝コートでプレーすると確実に滑りやすいです。

今のシューズはどちらにも対応している共用タイプというのがありますが、

それでも滑りやすいです。

滑りやすいということは、自分の走りやボールコントロールなど

プレー全体に影響してくるので非常に大事なポイントになります。

大事な局面でコケたり、止まれなかったり、

軸足がズルッと滑ったりしたらまともなプレーができませんよね?

 

なので、人工芝コートでは人工芝用のシューズがオススメなのです。

 

 

総合的に考えると・・・

やはりインドア用シューズと人工芝用シューズをできれば両方持つべきだと思います。

体育館とかの室内でしかやらないとか、

人工芝コートでしかフットサルやらないという場合には必要な方だけでいいですが、

たいていの場合は両方でプレーしていることが多いのではないでしょうか?

 

なので、多少のお金はかかりますが、両方持っておいたほうが絶対に良いです。

それぞれに履いていれば、長持ちしますしね。

1足だけだとそのシューズを履く他ないのでどうしても消耗が早いです・・・。

 

人によっていろいろ考えがあると思います。

このメーカーでないと嫌だとか、足裏の感覚がわかりやすいシューズでないとダメとか。

そういう場合には好きなようにすればいいと思います。

 

でも、自分の能力を100%発揮して全力でッフットサルを楽しみたいという人には

「滑る」ということがすごくマイナスポイントになるので、

ここを一番に考えるべきかもしれません。

 

それぞれに楽しむレベルは違うので求めるレベルも違うでしょうし。

これを読んでいるあなたが、あなたに合ったシューズを探し出せれば私は幸せです。

一人でも多くの人にフットサルを楽しむ方法を伝えられたらいいなと思いながら

書いているので。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ゴールキーパーを担当することがあるならこれは必須?

→かなり痛い靴擦れを根本的に直すには

→インソールを変えるだけでプレーがこんなに違うの? 

 

スポンサーリンク