tomozouです。

初心者の方がフットサルを楽しむ為にはどんなシューズを

選ぶと良いのか?

フットサル歴12年以上の私なりの意見を述べてみます。

 

スポンサーリンク

 

まずは、インドア用か?人工芝用か?

インドア用というのは基本的に体育館用のこと。

カーペットコート(テニスと兼用のコート)でも使います。

対して、人工芝用は屋内も屋外もありますが人工芝のコート用。

 

それぞれ裏面(アウトソール)が全く違います。

インドア用は溝の浅いパターン(ギザギザなど)で凹凸が少ないです。

スプレー後に乾いた状態

(上の画像のようなシューズがインドア用)

 

人工芝用はイボイボがたくさん付いているもの。

(サッカーだとトレーニングシューズと呼ばれます)

シューズ裏のイボイボ面

(上の画像のようなシューズが人工芝用)

 

人工芝用は、インドアのコートでは使えません。使用禁止です。

ですが、インドア用は人工芝のコートでも使えるんです。

(でも、割と滑りやすい傾向があります)

 

シューズにあまりお金をかけられない場合は、

インドア用のシューズを買うことをオススメします。

理由はどちらのコートでも使えるからです。

でもできるならば、両方1足ずつは持っておきたいですね〜。

人工芝コートでは、確実にイボイボ付きシューズの方が

滑りにくく踏ん張りやすいので自分の能力を発揮できますから!

 

スポンサーリンク

 

フィット感は一番大事な要素

あなたは足の長さサイズだけでシューズを選んでませんか?

いつも靴やシューズは25センチ履いてるから同じサイズでOK!

なーんて思って選んでませんか?

 

実は、意外と多くの人が自分の足に合っていないシューズを

履いていることが多いんですよ!

人の足はそれぞれ幅も違えば甲の高さも違います。

それにつま先の形(指の長さ)も違います。

なので足に合わないシューズの方が割と多いはずなんです。

既製品のもので誰にでも合うシューズなど存在しません。

 

同じ25センチだとしても、

メーカーによっては微妙に長さが違ったりとか同じメーカーでも

そのモデルによって違いがあるし形も違うし・・・・。

 

やはりあなたの両足をシューズに入れて試してみないと

わからないんです。

自分ではぴったりかな?って思ってもキツくて入らなかったり。

 

一番良いのは履いた瞬間の心地よさを感じること。

次の手順でシューズをが合うか診てみましょう。

まずかかとを合わせて履いてからきちんと紐を縛ってみる。

・シューズの中で足が遊ばないか?(余裕があり過ぎないか)

・小指や親指が圧迫されてないか?足の甲が圧迫されてないか?

・前後の隙間は1.5センチくらいのちょっとした余裕があるか?

これらを確認してみます。

 

少し歩いてみたりしてみるとなお良いです。

足の感覚を研ぎ澄まして感じましょう。

そうすると、買うべきかどうかわかります。

足に合っていなければ「違和感」を感じるでしょう。

 

足に素直に合っていれば「気持ち良さ」を感じるはず。

 

アンブロ人工芝用シューズ

 

この気持ち良さを感じたシューズこそがあなたが買うべき

シューズということになります。

 

 

今まで何足も無駄にしてきた

足に合っていると思っていたのに実は合っていなかったことが

数年前に発覚しました。

それはアシックスのお店に行き3D計測器で

足型を測ってもらってからのことです。

この時から自分の足を知り、買うべきシューズがどういうものかを

知りました。

それまでに何足も無駄にしてきたわけです。

 

 

特に注意すべきは足幅

シューズによって最近は「2E」、「3E」もしくは「幅広」

という表示がありますよね。これが足幅のサイズです。

アルファベットだけでE,EE,EEE,EEEEという風に表記することも。

Eが幅が狭くてEEEEが幅広という意味です。

つまり2Eは幅が狭いタイプで、3Eや「幅広」がそのまま幅広タイプ。

 

このサイズを間違ってしまうと、シューズの中で足が滑って

靴擦れの大きな原因になってしまいます。

ソックスの摩耗・破れの原因にもなりますね。

そして一番悲しいことは自分の能力がきちんと発揮できなくなって

しまうことです。これが痛い・・・。

 

なんのためにシューズを履いてるのか?ってなりますよね。

なのですごく重要なポイントなのです。

以上のことをよ〜く踏まえて選んでみると、自分にぴったりの

シューズが見つけられますよ!

 

 

フットサルは奥が深く、とても楽しい

子供から大人まで永く楽しめるスポーツとして人気があります。

サッカーよりも人数が少なくて済むしその為、今までやったことが無い人でも

気軽に始めやすい敷居の低いスポーツだと思います。

 

スポンサーリンク

 

上に挙げたようなポイントは、たぶん中級者ならわかっていること

だと思いますが初心者から初級者までは気づいてないことが多いです。

サッカーでも他のスポーツでも同じことが言えますが、楽しくやるには

そのベースがきっちりしてないといけません。

なのでこの記事を読んで頂いた方にはぜひ参考にして頂けると

うれしいです。

 

お読みくださいましてありがとうございました。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→一瞬で置き去りにされない速さを得るには?

→イグニオのキーパーグローブが大会で活躍してくれた件

→フットサルプレーヤーに必要な能力はこれ!

 

スポンサーリンク