フットサル日本代表のカズ

出典元:Web Sportiva

 

tomozouです。

サッカーよりも手軽にできて怪我も少ないフットサルの人気は

日に日に増しています。

オシャレでカワイイ・カッコ良く、デザイン性に優れた

フットサルウェアがたくさんあるというのも魅力のひとつ。

svormeのシャツ

出典元:価格.com

 

ストリートサッカーから生まれたと言われるフットサルだけに、

カジュアルなイメージがピッタリくるスポーツですよね。

スポンサーリンク

 

フットサル人口は370万人?

日本でのフットサル競技者数は2011年のレジャー白書という

調査結果の中で370万人いるとされています。

ちなみにサッカーの場合は580万人らしいです。

この調査は、公益財団法人 日本生産性本部余暇創研がまとめたもの。

なのですが、たぶん官僚の天下り先?と思われます。

どれくらい信頼性が高い調査結果なのかは不明。

 

ウィキペディアによれば、200万人以上のフットサル愛好者が

いるとしています。

 

サッカーの方がJリーグや日本代表戦で盛り上がっているように、

確実に世間に浸透しているし知名度も高いですが、

フットサルも負けてはいません。

Fリーグ自体はまだ大した人気は無いですが、フットサル愛好者は

そこらじゅうにたくさん存在してます。

 

やべっちFCを初め、ボールを蹴るのが大好きな芸人や芸能人や

ミュージシャン・アーティスト様々な方面で活躍している人々が

フットサルに魅了されてプレーしていますよね〜!

こういう人々にもフットサルの人気が支えられているんですよねえ。

 

スポンサーリンク

 

一般人にも大きく浸透しているフットサル

普段はサッカーをしている人も時々フットサルをやっています。

サッカーをやらない女の子や20代〜30代の女性もフットサルなら

やる、という人がたくさんいます。

女性オンリーのチームもどんどん増えていますしね。

これもなでしこJAPANの活躍となでしこリーグの影響なのは

間違いないですよね。

 

男性でも50〜60代、さらには70代のおじいちゃん世代も

普通にフットサルやってたりしますからねえ。

ほんとに永く楽しめるスポーツのひとつになっています。

 

子供に習わせるなら特にサッカーではなくフットサルを習わせたいと

思っている親も多いです。

サッカーよりも比較的安全で、専用設備が整っている施設が多いし、

体育館でもできるし、季節問わず体力とテクニックをつけることが

できます。

 

私も小学生の娘二人にフットサルを習わせていますよ。

今はサッカー教室と同じくらいフットサル教室がたくさんありますからね。

 

 

かなりメジャーになっているスポーツだが・・・

こんなに人気があるんだし、世界的には1200万人もの

競技人口がいるとされるフットサルなのだからオリンピック種目に

なってもおかしくないはずです。

いずれはオリンピックの正式種目の仲間入りを果たすとは思いますが

まだ道のりは険しいようです。

2020年の東京オリンピックで種目入りを目指す動きがありますが

相当に人気が過熱しなければ難しいのかもしれません。

 

 

数字として表れなくてもサッカーを超える日は来る!

今はまだサッカーよりもだいぶ下火なフットサルですが、

草フットサル人口が確実に増加傾向なのは間違いない事実。

世代や性別を問わず一緒になってプレーできるフットサルは

サッカーには無い魅力があるのです。

だからきっとサッカー人気を超える日が来る!と、私は信じています。

私と同じように思っている人はきっとたくさんいるでしょう。

 

楽しいフットサルを少しでも広めるために、

私はずうっとプレーし続けたいと思っています。

子供達も続けてくれるとうれしいなあ〜・・・・。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→フットサル初心者に知ってほしい!シューズ選び

→キーパーグローブの洗い方などどうすればいいの?

→フットサルシューズの滑り止めスプレーでグリップが新品並みに!

 

スポンサーリンク