かんたんな練習メニュー2つ

tomozouです。

少ない人数でもボールで遊んだり練習したい!という人に。

3〜5人いれば十分練習になるし、休憩時間の遊びにも良いです。

 

スポンサーリンク

 

①鳥かごをやってみる

サッカーの練習でもよく見られる光景に、

通称『鳥かご』といわれているものがあります。

(4対1とか5対2とか言うことも多いです。)

鳥かごとは、中と外に分かれてパスを回していく練習のこと。

鳥かご4−1

オフェンスの人は正方形の角をつくるように並び、正方形が

あまり広がらないように気をつけながらオフェンス同士でパスを

繋いでいくというメニュー。

正方形の中にいるディフェンスの人はオフェンスからボールを

奪うのが仕事。奪うか、パスカットした時点でオフェンスの一人と

交代する。

 

【鳥かご練習のメリット】

オフェンスにとってはフェイントとパスの練習になり、

ディフェンスにとってはフェイントに惑わされずに

ボールを奪う守備の練習になる、一石二鳥なメニューなんです。

この中で一番疲れるのはディフェンスなのです・・・。

 

<補足>

ここでは4対1としているので全部で5人ですが、4人なら3対1。

6人なら4対2、7人なら5対2、とだいたいこれくらいです。

8人以上になると多くてやりづらくなるし、

2対1だと人数少なくて結構キツイです。

 

スポンサーリンク

 

②みんなでリフティング

これもサッカーの練習でよく見られる光景です。

初心者の練習にもピッタリ。

みんなで輪になってボールを落とさないように浮き球だけで

パスを繋いでいくというメニュー。

みんなでリフティング

 

隣の人にパスしてもいいですし、目の前の人でもいいし、

どんなボールをパスしてもいいです。

高〜く上げたりちょっと速くしたりわざと受けにくいところに

出したり。

 

【みんなでリフティングのメリット】

ひとりでリフティング練習するよりも、生きたボールを

受ける練習になります。

どのように蹴れば優しいパスになるのか?

ボールが体から離れないトラップはどうすればいいのか?

不意にきたパスに反応するには?

どこに出されるとパスを受けづらいのか?

どこに出すとパスを受けやすいのか?

などなど、様々な練習になります。

 

浮き球でなくても、グラウンダーの速いダイレクトパスを

バンバン回していくのも有りです。

 

<補足>

リフティングに慣れてない場合は、地面で1バウンドしてから

蹴ってもいいでしょう。

リフティングに慣れていて、人数が多い場合にはボールを

2個用意してやってみると白熱して楽しくなりますよ!

 

スポンサーリンク

 

少ない人数でも練習や練習になるゲームは可能です。

ボールさえあれば、狭い場所でもできるので

ちょくちょくやれば自然に上達してきます。

すでに慣れている人でも身体を慣らす良い運動になるので

オススメです。

練習試合の合間とか休憩の合間にやるのもいいですね。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→他人とやたらかぶりやすい?フットサルウェアはこれ!

→エンジョイフットサル、どうすれば良いチームが作れる?

→現役プレーヤーに聞いた!オススメフットサルシューズとは 

 

スポンサーリンク