フットサル シュート!

 

tomozouです。

1対1に強くなりたいと思うそこのあなたに朗報です。

姿勢を変えればプレーも変わる。姿勢だけで変わります!

スポンサーリンク

先日、私が体育館でフットサルした際に一番意識していたあること。

そのことを意識しながら集中してプレーしたことで、

驚くほど自分の動きが良くなったことに気がつきました。

 

その意識していたこととは何か?

 

 

結論から言うと、『骨盤の前傾を維持する』こと

骨盤の前傾状態を意識して維持することで、

私のプレーは劇的に良くなりました。

 

私のプレーの何がどう良くなったのか?

骨盤の前傾とはどういうことなのか?説明していきます。

 

 

一例を出すので、ちょっとイメージしてみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私が相手チームの一人と1対1のシーンがあったとして

相手がボールを持っている場合。

私はディフェンスする立場ですね。

 

その時相手と対峙している状況で私の頭に浮かぶのは以下のこと。

・相手はすぐにパスを出すのか?

・相手はドリブルを仕掛けてくるのか?

・動かずにキープしてパスコースを探すのか?

・チャンスを伺って、直接シュートを撃ってくるのか?

こういった選択肢がパパッと出てきます。

 

相手の動きをよーく見ておいて、ボールを蹴る瞬間に

反応はちゃんとできていました。

でも簡単に負けてしまうことが多かったんです。

パスカットやインターセプト、ドリブルを抑える確率も、

シュートをブロックする確率も低いものでした。(成功率は2〜3割くらい)

 

なぜ簡単に負けてしまっていたのか?

 

それは、『脚が出るスピードが遅かったから』

単純に脚の筋肉が足りないとか瞬発力が無いとか反応が悪いとか

そういう話ではありません。

要は、自分が頭で考え指示した通りの速さでスムーズに動けていなかった

ということなんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんとなくでも、私の動きをイメージしてもらえたでしょうか?

 

でも、脚が出るスピードが遅かったから、

というのはどういうことなのか。

まだよくわからないかもしれませんね。

それはこういうこと。

 

 

その原因は、『骨盤が常に後傾していた為』

骨盤が後傾していると、脚が動くスピードが極端に遅くなってしまいます。

それはなぜか?

 

骨盤は人間の胴体を支えるための大事な脚を動かす司令塔みたいなもの。

骨盤の位置(角度)が変わることで、

脚を動かす時に一部の筋肉しか使えないよう限定されたり、

股関節の可動域が限定されたりしてしまい、

自分の脚なのに動かす時ワンテンポ遅くなってしまうのです。

スポンサーリンク

骨盤の前傾と後傾の図 ↓

骨盤の前傾と後傾

出典元:ファンタジスタの肉体改造法(梅沢康隆)より

 

骨盤が前傾していれば・・・・

太もも裏側の大きな筋肉ハムストリングスを簡単に使うことができるし、

股関節の可動域も広がる。(その人の柔軟性に応じて)

身体の中で大きな筋肉を使うことができるということは、

その分だけ速く脚を動かすことができるわけです。

 

でも筋肉より大事なのは股関節の可動域。

骨盤が前傾することによって股関節の可動域は確実に広がるので、

自分のイメージ通りに脚を素速く出せる瞬間がかなり増えるのです。

 

 

骨盤が後傾していると・・・

股関節を動かせる範囲が狭くなる。

太もも裏側にあるハムストリングスを使いづらくなり、

ハムよりも小さな、太もも前側の筋肉を使わざるを得なくなる。

それだけ脚を素速く出せる瞬間が限られてくることになるのです。

 

こういうことから、

私の脳は超高速回路で身体へ指示を出しているのに

骨盤の後傾の影響で脚の動きがワンテンポ遅くなってしまい

相手のプレーを封じられないことが多かった、というわけです。

 

 

 

骨盤の前傾を意識しながらプレーしただけで!

たったこれだけで、脚が出るスピードが格段に速くなって

相手のプレーを封じる動きができるようになりました。

パスカット・インターセプト・ドリブルブロック・

シュートブロックどれをとっても成功率は8割くらいに

跳ね上がったのです。(信じられないですよね・・・・。)

 

自分でもほんとビックリですよ。

いかに骨盤の姿勢が大事かってことをすっごく痛感しました。

今までは猫背を直すことと猫背から発展した首猫背を

完全に克服する意識でいました。

でもそれだけでは全然足りなかったんです。

骨盤の前傾を意識すれば自然と猫背や首猫背は矯正されます。

 

 

骨盤の前傾と後傾の確認方法

あなたの尾てい骨に指を押し当ててみてください。

その状態で猫背になってみてください。

すると、尾てい骨がグッと下がるのがわかると思います。

 

次に背筋をピンと伸ばしてみてください。

すると、尾てい骨がキュッと上に上がるのがわかると思います。

 

この違いを感覚として覚えて、常に骨盤が前傾するように

意識するだけでプレーの質が確実に向上します。

私が体感しているので、他の誰もが同じように体感できるはず。

きっとビックリするくらい変わるでしょう。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→フットサルシューズの靴擦れは足幅が合っていないってこと?

→速く走るフォームとは、身体全体で走るってこと!

→プロ中のプロも学ぶ!元Jリーガーのプライベート塾とは?

 

スポンサーリンク