サッカー男子代表

 

tomozouです。

◯◯ジャパンとサムライブルー。

これがサッカー男子日本代表の愛称になってますよね。

◯◯には歴代監督の名前が入る形。

なんでこんなのが定着してしまったのかと今更ながら思うんです。

スポンサーリンク

 

 

男子と女子の違いを愛称から考察

なでしこジャパンは二度のワールドカップを手にするのが

目前に迫っているほど大躍進しているのに、

男子はなでしこ以上に日本中からたくさんの応援をもらっているのに

勝てない・・・。

 

この大きな違いは何なのか???

 

それは女子サッカーと男子サッカーの歴史に隔たりがあるから?

佐々木監督の人間性と信頼性と力量がすごすぎるから?

日本国民の期待の度合いが違いすぎるから?(プレッシャー)

日本と諸外国のレベル差が違いすぎるから?

 

ということでは無いと私は思います。

実は、愛称が悪いんじゃないかと。

日本社会全体に浸透させるべき男子代表の愛称が悪すぎるのが

原因なんじゃないかと思うんです。

 

 

なんで愛称が関係あるんだよ!って思いますか?

そう思う方は、

『なでしこジャパン』と聞いてすぐにサッカー女子日本代表を

イメージできますか?

 

たぶん、たいていの人はイメージできると思います。

もうかなり世間に浸透しているから。

 

そして

『◯◯ジャパン』と聞いてどうでしょうか?

ここでは最新の男子代表監督である『ハリルジャパン』にしましょう。

ハリルジャパンと聞いて、サッカーが好きな人ならば

サッカー男子日本代表をすぐにイメージできるでしょうね。

でも世間にどれだけ浸透しているでしょうか?

 

ハリルの前はアギーレジャパン、その前はザッケローニだから略して

ザックジャパン。まあ、4年間更迭されずに任期を全うすれば

名前も自然と浸透するでしょうよ。

けれど、アギーレみたいにすぐ交代しちゃったら◯◯ジャパンの

名前も変わっちゃうわけですよ。

 

これじゃあ浸透するわけがない。

ましてや毎回監督が変わるたびに名前も変わるんだから、

一貫性が全く無い。

実際に試合で戦う選手たちが主体でなければならないのに、

監督の名前が先行する不思議なネーミングの愛称。

 

ここに日本人が心をひとつにできない原因があるのでは?

と私は思うんですよね。

スポンサーリンク

 

なでしこジャパンの愛称はいつになっても使える

佐々木監督の名前が入っていない『なでしこジャパン』

仮に、『ノリオジャパン』だったらどうでしょうか?

だれも見向きもしないような愛称ですよね。

 

日本人の女性を意味する『やまとなでしこ』

 

これはすばらしいネーミングだと思います。

何年、何十年経っても使えるじゃありませんか!

 

 

男子代表とはエライ違い・・・。

セカンドネームに『サムライブルー』があるけれど、

テレビなどのメディアが使ってるだけで、さっぱり浸透してない

ように思います。

だから、【なでしこ】のように揺らがない名前ならば

日本国民全体に浸透して、心がひとつになって、

男子代表も最高のメンタルとフィジカルで諸外国と

対等に戦えると思うんです。

 

その器はすでにできあがっていると思うから。

あとは心の問題だけだと。

 

心が一体になるには、揺らがない名前が必要だと思うんです。

 

 

それで、

 

 

 

【カミカゼジャパン】なんてどう?

世界にサッカー界に神風を巻き起こす日本代表という意味で。

これなら確実にイケるでしょう!

ダメですかー??

だれか取り上げてくれないかな・・・・・。

 

このネーミングなら監督が変わっても、日本代表の意志は

受け継がれるだろうしチームの士気も保てると思うんです。

今よりも絶対に良い愛称だと思うんだけどな〜♪

 

 

フットボールを愛する私だからこそ、無い頭でひねりだした愛称です。

だれか拡散してくれー!!!

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→なでしこジャパンの大躍進の理由、実は・・・

→シューズの靴擦れの原因、実は足幅が合っていないかもよ?

→初心者でもすぐにできる!フットサルの簡単な練習メニュー 

 

スポンサーリンク