ストレッチ

tomozouです。

股関節が固い(可動域が狭い)人は足首を捻挫しやすいと言われます。

そしてそういう人は特にシューズのグリップ力に気をつけないと、

さらに捻挫の可能性が高まって靭帯損傷・断裂などの多くの怪我に、

見舞われることになるかもしれません。

スポンサーリンク

 

なぜかというと、股関節が固いことで脚全体の動きが制限されているから。

もっと動かせるはずだけれど柔軟性が無くなっている影響で、

身体が楽に感じる部分までしか動かさなくなっているわけです。

要は、「ちょっと痛いな・・・」と感じるところまでは動かさない。

脳がそのように指令を出してしまうのです。

 

 

履くシューズのグリップ力はとても重要

スポーツをする人はシューズのグリップ力の

重要性をよーく認識済みでしょう。

グリップ力が高いシューズはしっかりと地面を捉えて自由自在に動けますよね。

一方、グリップ力が低いシューズはしっかりと地面を捉えることができず、

滑りやすくなってしまいます。

自分がイメージする走りやプレーができなくなりますよね。

 

フットサルで例えると、

インドア用のアウトソールがフラットなシューズは体育館などでは滑りにくいですが、

人工芝のコートでインドア用シューズを履いてプレーすると滑りやすくなります。

(兼用もありますが、中途半端なので除外)

でも人によっては、人工芝コートでインドアシューズを好んで履くことも。

理由はいくつかあったりしますが、人工芝用シューズはグリップ力が強すぎるから、

ということもそのひとつに入りますね。

 

このグリップ力の差も股関節が固い人には影響しやすくなります。

股関節が固い人がグリップ力の高いシューズを履いた場合、

足首に掛かる負担が異常に大きくなってしまうのです。

股関節があまり動かない分、足首や膝で無理にバランスを取ろうとする。

踏ん張る力と地面を蹴る力が強くて急激な負荷が掛かりやすくなることで、

くじいたり無理な方向に曲げられてしまったりして捻挫を起こすのです。

 

グリップ力が低いシューズであれば、急激な負荷がかかりにくく、

適度に滑ったり力が抜けたりして関節への負担は少なくなります。

逆に滑ったり転んで擦り傷が多くなるかもしれませんが。

このグリップ力のバランスが難しいところなんですよね。

スポンサーリンク

 

股関節の柔軟性を高めれば解決する?

足首捻挫の確率を少しでも抑えたいならば、

股関節を柔らかくして可動域を増やすことがベストな方法です。

とは言っても、1日や2日で簡単に改善することもないので、

長い目でみて股関節のストレッチに励むしかありませんよね。

→股関節を柔らかくするストレッチまとめサイト

→基礎的な股関節のストレッチなどを教えてくれるサイト

 

ストレッチも無理をすれば身体に負担がかかって怪我につながることもあります。

少しづつ改善するように時間をかけて柔軟性を高めることが大事。

股関節が柔らかくなって可動域が増えれば、足首や膝にかかる負担が減って、

捻挫のリスクも確実に減りますよ!

アスリート

 

 

私は今、後悔しているんです。

これまでのサッカー歴とフットサル歴を合わせると16年以上。

今までに右ばかり足首捻挫を3回やってます。右足スネの疲労骨折1回。

捻挫の3回目は9ヶ月も前のことなのに未だに完治してません・・・。

もし股関節の柔軟性がもっとあれば・・・。

捻挫することもなかっただろうし、仮に捻挫してもこんなに長引くことも、

なかっただろうと。

 

捻挫の初回と2回目は人工芝コートでのフットサル中にくじいたこと。

人工芝用のグリップ力が高いシューズを履いていてのことでした。

同じシューズで2回捻挫したので、

その後は人工芝用シューズが怖くて何年も履けませんでしたね〜。

3回目の捻挫は体育館でインドアシューズの時でした。

でも捻挫の仕方がちょっと特殊だったので長引いてるのかも・・・。

 

 

この記事を読んでくれた方には捻挫して欲しくないので、

しっかりと股関節を柔らかくして好きなスポーツに取り組んでもらいたいです。

そうすれば、走りも良くなるしプレーの幅も広がること間違いなし!

 

フットサルやサッカーならアウトサイドキックなどが上達して

フェイントもいつものパスも読まれにくくなるでしょう。

柔軟性って、ものすごく重要な要素なんですよね。

体が固くても運動はできますが、少しでも上を目指すなら、

全身の柔軟性を高めるのを最優先にすると良いですよ〜。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→足首捻挫の不安を解消?アシックスのMSサポートソックスが気になる

→ほんとは運動音痴なんて無い!身体の動かし方は4種類ある?

→フットサルで1対1が劇的に強くなる!その方法は姿勢だけ?

 

スポンサーリンク