tomozouです。

知ってましたか?人は自分が感じている以上に脱水していることを。

アメリカで4000人の男女の水分補給に関する詳細な調査を行ったところ、

約半数以上の人が十分な水分補給をできていなかったそうです。

特に男性が多く、女性の1.7倍ほど。

そしてこのうちの25%もの人が普通の水を飲んでいなかったそう。

スポンサーリンク

水分補給に適しているのはやはり普通の水。

スポーツドリンクもある面では効果的だけれど飲む量を抑えるべき。

ジュースなど他の飲み物も、

水分補給という点ではあまり適さないというのが一般的な考え方なんです。

 

 

人は簡単に熱中症になってしまう

お茶の間の人気タレントである所ジョージさんも、

かつて熱中症にかかって救急搬送された経験があるそうです。

OS-1という経口補水液のCMに出ていて、経験談を語っています。

これ、クソまずい飲み物なんですが(私にとっては)緊急時には、

効果を発揮してくれるありがたい飲み物なんです。

OS-1

出典元:大塚製薬工場OS-1

 

まあ、価格が高いので特に買う必要なんてありません。

こまめに水を飲んでいれば、熱中症にはかかりにくいので。

(これが必要になっている時は身体が衰弱している時)

 

自分で「喉がかわいたなー」って感じた時には、

すでに軽い脱水症状になっているかもしれませんよ。

このサインは体が欲しているということなので、

『体の水分量がかなり減ってきているよ!』ということ。

こうなる前に食事や飲み物で水分を補給することが必要なんです。

 

真夏の炎天下のもとでハードなスポーツをしたり、

エアコンをつけずに車の中にいたりすると、

場合によっては脱水症状と体温の上昇で数時間以内に死亡することすら、

あるのだそうです。

スポンサーリンク

 

水は命だけど、飲み過ぎは禁物!

ものすごく暑くて暑くて喉が乾いた時は、一気に飲みたくなりますよね?

でもそれが命取りになることもある、というのが現代の医学的見解。

 

大量の水分を一気にとると、低ナトリウム血症という病気を発症するというのです。

これは血液中のナトリウム量が減って浸透圧が下がり、

最悪の場合に脳のむくみを引き起こすというもの。

軽い症状だと立ちくらみ・めまい・吐き気・むくみなど。

重い症状だと嘔吐・頭痛・けいれん・錯乱状態や異常興奮・昏睡状態など、

危険な状態になる可能性があります。

 

一般人よりも圧倒的に鍛えられているアスリートさえも、

1981年以降に14人がこの低ナトリウム血症で亡くなっているとのこと。

恐ろしいことですよね・・・。

 

 

やっぱりバランスが大事!

一気に飲み過ぎずにこまめに飲むのがやはりベストな飲み方なようです。

子供も大人も、喉が乾く前に何か飲む!

そうすれば熱中症や低ナトリウム血症にならずに済みます。

オレンジジュース

お年寄りの場合は加齢によって喉の渇きを感じにくくなるらしいので、

なおさら注意が必要。

子供や大人よりも頻繁に水分をとる必要があるんですね。

 

 

夏のクソ暑い時期に1時間とか2時間スポーツをしていると、

身体がめちゃくちゃ暑く感じる時ありませんか?

そんな時は要注意ですよ!

軽い脱水症状になっているかもしれないので、

早めに水を飲むか500ml程度のスポーツドリンクを補給してくださいね。

 

取り返しのつかないことになる前に。

早めの水分補給があなたの身体を助けることになりますので。

 

参考にした記事

→水の一気飲みに注意!1日にどれくらい飲めばいい?

(日経トレンディネット)

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ガブ飲み注意!スポーツドリンクで下痢しちゃうかも

→フットサルで1対1が劇的に強くなる!それは姿勢だけ?

→本当は運動音痴なんて無い?人を4つに大別して運動能力を改善

 

スポンサーリンク