足裏トラップタイトル

 

tomozouです。

日本ならFリーグの試合に出場するような上級プレーヤーでもミスします。

人間だもの、当然です・・・。

そのミスのひとつに、足裏のトラップミスがあります。

スポンサーリンク

 

 

フットサル独特の技である足裏プレー

サッカーよりも非常に狭いコート内で行われるフットサルでは、

足裏でのトラップが多用されます。(というかほぼ必須テクニック)

サッカーでも時々使われますが、

基本はインサイドトラップなどが主流なんですよね。

 

フットサルでは相手選手との距離も近い分、

ボールを足元から極力離さないようにしないと奪われやすいわけです。

 

一度でもフットサルを経験したことのある人ならわかると思います。

足元からボールが離れた瞬間に相手選手にボールを奪われてしまうこと。

よくある光景のひとつですよね。

 

誰にでもよくあるパスミスもカウンターを受ける原因になりますが、

トラップミスはこれに追加して個人的な精神的なダメージもあり、

チームの士気を下げる要因にもなったりします。

 

 

足裏トラップの注意点とは?

簡単にできるようで、できない。

様々なシチュエーションがあるので、

その時に応じた最善の方法はありますが基本原則はコレ。

 

・ボールの正面に入ること。

・ボールだけを見過ぎないこと。

・姿勢を崩さないこと。(前かがみになり過ぎない)

・身体を硬直させないこと。

・足元で止めないこと。

 

以上の内容、

初級〜中級以上の方には理解してもらえると思います。

ただ、初心者の人には厳しい内容ですよね。

初心者でよくあるのが身体が力み過ぎて硬直している状態。

こうなると足裏トラップができずにスルー(空振り)してしまいます。

上級者でも状況によっては上手くできない場合もありますから、

常に練習しておかなければいけないテクニックなのです。

 

スポンサーリンク

 

ボールを止める位置は一歩前

パス練習において足元で足裏トラップしている光景をよく見ます。

これはこれでトラップ練習にはなりますが、

試合の中ではあまり使わないものです。

常に動きがある試合の中では足元トラップだと、

次の動作がワンステップ遅くなってしまいます。

 

そのため試合中に有効な足裏トラップは、

自分の足元から一歩前か半歩前くらいの位置でやるイメージ。

これで次の動作が遅れることなくプレーできるようになります。

 

 

身体を棒にしないこと

誰にでもあることですが、注意力が散漫になっている時、

集中力が低下している時は足裏トラップをミスしやすいです。

 

ちょっとだけ考え事しててボーッとしていたら突然パスが来て、

足裏トラップをしようとしたらそのままスルーしてしまった。

私、これをたまにやってしまうんです。

 

この時の状態って、身体が棒のようになっていて、

トラップの際に膝がほんの少し上がり過ぎたり、

つま先がほんの少しだけ上がり過ぎていて、

スルーしちゃうんです。

 

だから大事なのは集中力。

そんなの当たり前だろ!と怒られそうですが、

さらに必要なのは、軸足を軽く曲げることです。

トラップする方の脚も力まずに、

柔らかく止めてあげるイメージでやると良いです。

 

最後に、足裏は土踏まずよりもつま先よりの位置を使います。

親指の付け根付近にある母指球という場所。

ここを使いましょう。

これを意識するだけで格段にトラップの質が上がると思いますよ!

 

 

かく言う私もきちんとできる訳ではありません。

でも毎回意識していれば、短時間の練習でも身につくし、

試合でも効果的に足裏トラップを活用して、

相手チームを翻弄し勝利することができます。

 

ぜひ意識してやってみてくださいね!

自分もがんばろうっと。

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ライバルよりも素速く動くには、◯◯◯が有効?

→蒸し暑い時にはガブガブ飲みたい!けれど・・・ある危険が。

→対戦相手がいなくて困っている時に使える方法

 

 

スポンサーリンク