インサイドトラップは使わないべき?

 

tomozouです。

サッカーでは多く使われているトラップテクニックのひとつ、

インサイドトラップ。

ですが、フットサルにおいては逆に使わない方が良いのです。

なぜでしょうか?

 

 

インサイドトラップの欠点

サッカーはピッチが広いので、

密集地帯のような状況が起きなければ、

インサイドトラップでも問題ありません。

しかしコートが狭いフットサルでは、

インサイドトラップが命取りになるケースが少なくないのです。

スポンサーリンク

 

その理由がインサイドトラップの欠点にあります。

サッカー経験者なら、

おそらく一番最初に覚えたであろうインサイドトラップ。

これ、すごく安全で簡単なトラップなんですが、

足元からボールが離れやすいという欠点があるんです。

 

ピタッと止めることが難しいのです。

 

 

インサイドトラップでピタッと止める方法

足裏でのトラップのようにボールを止めることは可能です。

しかし高等なテクニックが必要で、止まっている時でも難しいのに、

動きがある中でやるのは至難の技・・・・。

 

インサイドトラップでピタリと止めるには、

ボールが足に当たる寸前に足を引いて、

ボールの勢いを完全に殺して止めるのです。

こんなことを走りながらやるのはプロでも難しいわけですよ。

 

だ、か、ら、ピッチが狭いフットサルでは、

足元から離れやすいインサイドトラップを使うことは、

相手にボールを奪われるチャンスを増やすのと同じことになる、

というわけです。

スポンサーリンク

 

今でこそフットサルの足裏コントロール技術が広まって、

プロサッカー選手たちも試合で使うことが多いですが、

昔は足裏を使うサッカー選手なんてかなり少なかったのでは?

と思いますね。

(これは私の勝手な思い込みかもしれませんけど)

 

 

ということで、フットサルでは、

インサイドトラップを使うのはなるべく避けるべきです。

インサイドトラップは周りに相手選手がいない状況でのみ、

使うよう限定するべき。

足元のトラップは、

状況に応じて足裏かアウトサイドでやるのがベストですね!

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→足裏トラップだけで相手を抜き去るテクニック4つ!

→上級者でもミスしやすい!足裏トラップの注意点とは?

→股関節が硬い人は捻挫しやすいって本当?

 

スポンサーリンク